最後に編集されたのは 管理者
12.12.2020 | 歴史

鉄道の聖地 京都・梅小路を愉しむ (京都しあわせ倶楽部)

  • 72 読みたい
  • 49 現在読んでいるもの

発行元 伊原薫 .

    Download 鉄道の聖地 京都・梅小路を愉しむ (京都しあわせ倶楽部) 本 Epub や Pdf 無料, 鉄道の聖地 京都・梅小路を愉しむ (京都しあわせ倶楽部), オンラインで書籍をダウンロードする 鉄道の聖地 京都・梅小路を愉しむ (京都しあわせ倶楽部) 無料で, 本の無料読書 鉄道の聖地 京都・梅小路を愉しむ (京都しあわせ倶楽部)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 鉄道の聖地 京都・梅小路を愉しむ (京都しあわせ倶楽部) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  芦原伸
    • 編集:  天夢人
    • レーベル:  京都しあわせ倶楽部
    • 発売日:  2016年10月21日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000006826
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    鉄道が今、人気である。かつて一部のマニアしか興味がもたれなかった鉄道は、今は、興味分野もすそ野を広げ、ママ鉄、子鉄がホームで列車の写真を撮る風景が日常化している。2015年、北陸新幹線が金沢まで延伸し、さらに2016年には北海道新幹線がいよいよ開業する。本年は“鉄道の年”になるかもしれない。京都鉄道博物館がオープンする。長らく梅小路蒸気機関車館として、蒸気機関車の歴史的な価値を存続してきたが、それが拡充され、よそおいもあらたに総合鉄道博物館として登場する。京都という国際観光地が舞台だから、大げさにいえば、日本の“鉄道の聖地”の誕生である。新橋?横浜の“汽笛一声”以来、144年間走り続け、進化した鉄道(機関車、列車、技術)の集大成がここにある。本書では、京都・梅小路にスポットを当て、京都と鉄道の歴史、蒸気機関車の思い出、注目のスポット京都水族館や京都鉄道博物館の見どころなどを紹介する。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

鉄道の聖地 京都・梅小路を愉しむ (京都しあわせ倶楽部) by 伊原薫 ダウンロード PDF EPUB F2