最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

【無料】『羽生結弦は助走をしない』 ~羽生結弦を語り足りない~ (集英社新書)

  • 38 読みたい
  • 17 現在読んでいるもの

発行元 野口美惠 .

    Download 【無料】『羽生結弦は助走をしない』 ~羽生結弦を語り足りない~ (集英社新書) 本 Epub や Pdf 無料, 【無料】『羽生結弦は助走をしない』 ~羽生結弦を語り足りない~ (集英社新書), オンラインで書籍をダウンロードする 【無料】『羽生結弦は助走をしない』 ~羽生結弦を語り足りない~ (集英社新書) 無料で, 本の無料読書 【無料】『羽生結弦は助走をしない』 ~羽生結弦を語り足りない~ (集英社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 【無料】『羽生結弦は助走をしない』 ~羽生結弦を語り足りない~ (集英社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  高山真
    • レーベル:  集英社新書
    • シリーズ名:  【無料】『羽生結弦は助走をしない』 ~羽生結弦を語り足りない~
    • 発売日:  2018年02月09日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4824970990001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【電子版限定】38年間フィギュアスケートを見続けてきた生粋のスケートファンである著者が、フィギュアスケート界で人気実力ともにナンバーワンを誇る羽生結弦をはじめ、平昌オリンピックに出場するスケーターや、歴代のスケーターたちの名プログラムに関して愛情たっぷりに語りつくした『羽生結弦は助走をしない』(大好評配信中)。平昌オリンピックに、書籍の刊行を間に合わせるため「語り足りなかった」12月下旬の全日本選手権フィギュアスケート選手権観戦記含む、集英社新書HP上で連載中のエッセイ「『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~」第1回~第3回に加え、「青春と読書」2018年2月号に掲載された特別エッセイを収録した特別無料ガイド! 【目次】『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~(第1回) 全日本フィギュアスケート選手権から感じた、スケーターの「意志」/(第2回)エッセイストから言葉を奪う、羽生結弦の『ノッテ・ステラータ』をあえて言葉にしてみた/(第3回)羽生結弦の「絶対に勝ってやる!」という言葉に、カタリナ・ヴィットからのエールを思い出す/ジャンプ以外に目を向けるとフィギュアはもっと楽しい(「青春と読書」2018年2月号掲載)/「羽生結弦は助走をしない」試し読み

あなたも好きかもしれません

【無料】『羽生結弦は助走をしない』 ~羽生結弦を語り足りない~ (集英社新書) by 野口美惠 ダウンロード PDF EPUB F2

今、丁度オリンピック前で、話題作りにいいかな~無料だし・・とポチりました(笑)
てっきり、羽生選手が助走をしない・・ってどういうこと? が解説されていると思ってました。
しかし、その事については、ほんのチョッピリ触れられているだけ(;_;
あとは筆者の「オリンピックが楽しみです」的な思いが、まとまりなく綴られていただけでしたぁ~
残念な結果でした(´・ω・`)。=ただ、フィギアマニアさんには、面白さがわかるかも(≧▽≦)。
無料購読できたのは嬉しいですね。基本、フィギュアスケートのお話しです。羽生選手のみの本ではありません。しかし、うんうんと頷けるところが多くて面白いです。紙の本が好きですが、出先でも読めるのでカバンが軽くて電子書籍もあなどれないかな?!
ジャンプも良いけどスケーティングが美しい選手が好き。プログラムの曲や元演目を知ってた方がよりプロの美しさや選手が表現したい事が分かるのを知った。でもそれってどうやって学べば???と思った時に筆者の『羽生結弦は助走をしない』を知りました。この無料版で中身を確認できたので安心して買えました。

集英社新書HP連載のエッセイ(この無料版に1回~3回収録)も五輪代表に限らず沢山の選手の素晴らしい所をプロの元演目や関連プロを交えつつ教えてくれます。読後選手のプログラムを見るとより美しく素敵に見える…そんな文章だと思います。ただ元HPが横書きで、それを縦書収録してるので読みにくく感じました。エッセイ第4回以降も素敵なのでこの電子書籍を読んで興味を持ったら元HPも読むと良いと思います。

1冊の本としてまとまっているとは言えないけれど試し読みには、そして高山さんの文章や視点を知るには良い無料版だなあと思いました