最後に編集されたのは 管理者
29.01.2021 | 歴史

緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫)

  • 15 読みたい
  • 98 現在読んでいるもの

発行元 麻見 和史 .

    Download 緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  麻見 和史
    • レーベル:  角川文庫
    • シリーズ名:  警視庁文書捜査官
    • 発売日:  2018年01月25日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4337457200300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    発見された遺体の横には、謎の赤い文字が書かれていたーー。「蟲」「品」の文字を解読すべく、所轄の巡査部長・鳴海理沙と捜査一課の国木田が奔走。文書解読班設立前の警視庁を舞台に、理沙の推理が冴える!

あなたも好きかもしれません

緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ (角川文庫) by 麻見 和史 ダウンロード PDF EPUB F2

文書捜査官 鳴海理沙になる前の前日譚。
初々しい時の鳴海さんが可愛い。
謎解き物としては一番今気に入ってる作者さんですが、
恨み骨髄な犯人ばかりなので、遺体の発見描写は相変わらずだなあ。