最後に編集されたのは 管理者
23.11.2020 | 歴史

京の縁結び 縁見屋と運命の子 (宝島社文庫)

  • 18 読みたい
  • 13 現在読んでいるもの

発行元 三好昌子 .

    Download 京の縁結び 縁見屋と運命の子 (宝島社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 京の縁結び 縁見屋と運命の子 (宝島社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 京の縁結び 縁見屋と運命の子 (宝島社文庫) 無料で, 本の無料読書 京の縁結び 縁見屋と運命の子 (宝島社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 京の縁結び 縁見屋と運命の子 (宝島社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  三好昌子
    • レーベル:  宝島社文庫
    • シリーズ名:  京の縁結び
    • 発売日:  2020年04月17日
    • 出版社:  宝島社
    • 商品番号:  7225000070365
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    京で暮らす5歳の貴和は黒笠の法師に追いかけられていたところを、神社で遭遇した少年に助けられる。そんな恐ろしい出来事のあった翌日、今度は貴和の母が姿を消してしまうーー。それから数年後、12歳になった貴和は町の薬種問屋「白香堂」に奉公することになり、そこでかつて助けてくれた少年・燕児と邂逅する。燕児は縁見屋という口入屋の息子で、医者を目指して白香堂に勉強にきていたのだ。ところが燕児は言葉をいっさい発さず、それは母・お輪の命を守るために交した、ある法師との約束によるものだと聞く。いっぽう、町では疫病が流行り、貴和の友人も患っていた。ある祈祷師による祈祷が効くと評判になり、貴和が会いに行くと、そこには黒笠の法師がいてーー。縁を背負った数奇な者たちの運命が、動き出す。

あなたも好きかもしれません

京の縁結び 縁見屋と運命の子 (宝島社文庫) by 三好昌子 ダウンロード PDF EPUB F2