最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

高瀬川女船歌七 奈落の顔 (徳間文庫)

  • 37 読みたい
  • 28 現在読んでいるもの

発行元 澤田ふじ子 .

    Download 高瀬川女船歌七 奈落の顔 (徳間文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 高瀬川女船歌七 奈落の顔 (徳間文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 高瀬川女船歌七 奈落の顔 (徳間文庫) 無料で, 本の無料読書 高瀬川女船歌七 奈落の顔 (徳間文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 高瀬川女船歌七 奈落の顔 (徳間文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  澤田ふじ子
    • レーベル:  徳間文庫
    • シリーズ名:  高瀬川女船歌
    • 発売日:  2017年02月17日
    • 出版社:  徳間書店
    • 商品番号:  4914264930001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    鋳掛け屋の太兵衛の葬式に東町奉行所与力がやってきた。かつて太兵衛は奉行所の付同心をしていたという。ある捕物の夜、盗人の隠れ家へ踏み込もうとした時、螢捕りにきた息子の仁助が太兵衛に声をかけ、捕物は失敗に終わった。太兵衛は出仕に及ばずということになり鋳掛け屋となったが、町の情報を番屋に知らせていたのだ。曳き人足となった仁助がとった行動は……。連作シリーズ。

あなたも好きかもしれません

高瀬川女船歌七 奈落の顔 (徳間文庫) by 澤田ふじ子 ダウンロード PDF EPUB F2