最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

上方らくごの舞台裏 (ちくま新書)

  • 19 読みたい
  • 60 現在読んでいるもの

発行元 許光俊 .

    Download 上方らくごの舞台裏 (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 上方らくごの舞台裏 (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 上方らくごの舞台裏 (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 上方らくごの舞台裏 (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 上方らくごの舞台裏 (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小佐田定雄
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2018年12月28日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591220386490
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    筆者が上方落語の魅力に溺れた1970年代、その中心は俗に「四天王」と呼ばれる六代目笑福亭松鶴、桂米朝、三代目桂春團治、桂小文枝(後の五代目文枝)の四人の師匠連であった。最後のお一人となった春團治師も2016年1月9日に85歳で亡くなり、ひとつの時代が終わった感がある。本書では38の演題を厳選、懐かしい師匠たちの舞台裏噺から芸の魅力、人の魅力、お囃子さんまで、40年の思い出を語り尽くす。番外として、タモリが吉原で発見し、鶴瓶が演じ、歌舞伎になった新作落語『山名屋浦里』の裏話をお楽しみください。

あなたも好きかもしれません

上方らくごの舞台裏 (ちくま新書) by 許光俊 ダウンロード PDF EPUB F2