最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

「10%消費税」が日本経済を破壊する

  • 11 読みたい
  • 77 現在読んでいるもの

発行元 三橋貴明 .

    Download 「10%消費税」が日本経済を破壊する 本 Epub や Pdf 無料, 「10%消費税」が日本経済を破壊する, オンラインで書籍をダウンロードする 「10%消費税」が日本経済を破壊する 無料で, 本の無料読書 「10%消費税」が日本経済を破壊するオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 「10%消費税」が日本経済を破壊する 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  藤井聡
    • シリーズ名:  「10%消費税」が日本経済を破壊する
    • 発売日:  2018年11月09日
    • 出版社:  晶文社
    • 商品番号:  4915629430001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    2019年10月に予定されている、8%から10%への消費税増税。これが本当に実施されるならば、日本経済は壊滅的な大打撃を受けることになる。実質的に賃金が低下する「働き方改革」、2020年東京オリンピック特需の終焉、さらに立て続けに起きている大雨・台風・地震による被害と合わせてのトリプルパンチを受ける格好だ。10%への消費増税がなぜ日本経済に壊滅的な打撃を与えるか? その理路を明らかにするとともに、消費増税にかわる他の税制政策、さらには日本が目指すべき社会保障の設計図を提示。これが日本再生のシナリオだ。

あなたも好きかもしれません

「10%消費税」が日本経済を破壊する by 三橋貴明 ダウンロード PDF EPUB F2

この本は、消費税増税を10%にしたら、日本経済が、大不況になるので、絶対にやめるべきだとしている本です。
そもそも、消費税を(5%→8%)にして、日本経済が、停滞して、まだ、しっかりと、経済成長できていないのに、8%→10%にするなんて、狂っていると言っています。
特に、財務省のプロパガンダの「税の社会保障の一体改革」という名目の下に、消費税を10%にしたら、不況になって、税収が落ち込んで、財政再建は、できなくなるので、問題としていますね。
基本的に、ケインズが言っている「不況の時には、財政政策と金融政策を拡大して、景気をよくしろ!」と言っていることを現代版にアレンジしている事を言っていますね。
また、税制改革は、日本の個人消費がGDPの6割なので、「消費税は、減税しろ!、法人税と所得税は、減税するな!」と言っていることも興味深いですね。
ただ、残念だったのは、財政政策については、良く書かれていますが、「金融政策」についての言及がなかったことですね。
土木技術などの公共事業について強いのは、わかったので、今度は、金融政策の本を書いて欲しいですね。
あと、電子書籍化してもらえていたので、とても助かりました。電子書籍化すると、重くないので、とても助かります。