最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス―198社の最新動向

  • 21 読みたい
  • 2 現在読んでいるもの

発行元 森谷正規 .

    Download 日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス―198社の最新動向 本 Epub や Pdf 無料, 日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス―198社の最新動向, オンラインで書籍をダウンロードする 日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス―198社の最新動向 無料で, 本の無料読書 日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス―198社の最新動向オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス―198社の最新動向 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  西脇文男
    • 発売日:  2018年07月06日
    • 出版社:  東洋経済新報社
    • 商品番号:  4658008701001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「EVシフト」を超えるメガトレンド!


    日本が世界をリードし、160兆円の巨大市場が出現する! 


    2020年から本格的な拡大が予測されている「水素エネルギー市場」について、

    その全体像を初めて示した待望の書。


    FCV(燃料電池自動車)にとどまらない幅広い関連業界の動きを完全網羅し、

    関連企業の最新動向をレポートする。


    ◆これが日本の水素基本戦略のシナリオだ!(26ページ参照)            

    水素ステーション 100ヶ所(現在)→ 160ヶ所(2020年)→ 900ヶ所相当(2030年) 


    FCV(燃料電池自動車) 2000台(現在)→ 4万台(2020年)→ 80万台(2030年)


    FC(燃料電池)バス 2台(現在) →   100台(2020年) → 1200台(2030年)


    FCフォークリスト 40台(現在)→ 500台(2020年)→ 1万台(2030年)


    家庭用燃料電池(エネファーム) 20万台(現在)→ 140万台(2020年)→ 530万台(2030年)


    ◆著者の言葉

    水素には、化石燃料の代替という以外に、「エネルギーキャリア」という、もう一つの重要な役割があります。これがいま話題のEV(電気自動車)との大きな違いです。

    水素は、単に自動車にとどまらず、産業・社会全体に巨大転換をもたらす可能性があるのです。        

    (「はじめに」より)


    【主な内容】

    はじめに

    序 章 水素エネルギーが未来を拓く

    第1章 究極のエコカー燃料電池自動車

    第2章 水素ステーション

    第3章 燃料電池

    第4章 水素発電

    第5章 水素の製造

    第6章 水素の輸送と貯蔵

    第7章 エネルギーキャリアとして期待される役割と広がる可能性

    第8章 水素社会の実現を目指して

    巻末資料 「水素エネルギー」ビジネス 企業動向一覧

あなたも好きかもしれません

日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス 198社の最新動向 by 森谷正規 ダウンロード PDF EPUB F2