最後に編集されたのは 管理者
05.12.2020 | 歴史

ヤマケイ文庫 山をたのしむ

  • 6 読みたい
  • 4 現在読んでいるもの

発行元 小林 泰彦 .

    Download ヤマケイ文庫 山をたのしむ 本 Epub や Pdf 無料, ヤマケイ文庫 山をたのしむ, オンラインで書籍をダウンロードする ヤマケイ文庫 山をたのしむ 無料で, 本の無料読書 ヤマケイ文庫 山をたのしむオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 ヤマケイ文庫 山をたのしむ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  梅棹 忠夫
    • シリーズ名:  ヤマケイ文庫
    • 発売日:  2015年07月17日
    • 出版社:  山と溪谷社
    • 商品番号:  4694635047840
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    生態学者・文化人類学者であり、探検家である梅棹忠夫氏の登山と探検を振り返った著作。

    晩年になって想いを新たにした随想、対談などをまとめたもので、氏の最後の著作になった。


    また著作集をはじめ多数の著作のなかで、唯一の山と探検をテーマにした単行本である。利便性のみを追求しがちな現代にあって、山とは、探検とはなにかを問いかけた、貴重な一書である。


    内容は、京都の青春時代の回想、学問とフィールドワークについて、今西錦司、中尾佐助、安江安宣、平井一正などとの山をめぐる交友録、探検をめぐる発言集など。

    かつて登山、探検を志向したことのある人には待望の内容になっている。


    なお、山と溪谷社も共催している「梅棹忠夫・山と探検文学賞」も今年4回目を迎え、異色の文学賞として定着しつつある。

あなたも好きかもしれません

ヤマケイ文庫 山をたのしむ by 小林 泰彦 ダウンロード PDF EPUB F2