最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

この国は原発事故から何を学んだのか (幻冬舎ルネッサンス新書)

  • 91 読みたい
  • 4 現在読んでいるもの

発行元 小出裕章 .

    Download この国は原発事故から何を学んだのか (幻冬舎ルネッサンス新書) 本 Epub や Pdf 無料, この国は原発事故から何を学んだのか (幻冬舎ルネッサンス新書), オンラインで書籍をダウンロードする この国は原発事故から何を学んだのか (幻冬舎ルネッサンス新書) 無料で, 本の無料読書 この国は原発事故から何を学んだのか (幻冬舎ルネッサンス新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 この国は原発事故から何を学んだのか (幻冬舎ルネッサンス新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小出裕章
    • レーベル:  幻冬舎ルネッサンス新書
    • シリーズ名:  この国は原発事故から何を学んだのか
    • 発売日:  2013年05月31日
    • 出版社:  幻冬舎ルネッサンス
    • 商品番号:  4911964170001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ■内容紹介

    この事故を風化させてはならない。

    福島原発事故から1年半経った今だからこそ書ける真実。

    40年以上一貫して原子力反対を訴え続ける著者が綴った究極の反原発論。


    福島原発事故から1年半が経ったが、いまだに事故は収束していない。放射性物質の放出は続き、ガレキ処理はままならず、避難者の帰還のめども立っていない。多くの作業員が被曝覚悟で事故処理に当たる中、政府は大飯原発再稼働を強行。40年以上にわたり原子力に反対してきた著者が事故の風化を警告し、改めて原発の危険性を説き、原発ゼロ社会実現への思念を綴った反原発論。


    ■著者紹介

    小出 裕章(こいで ひろあき)

    1949年、東京生まれ。京都大学原子炉実験所助教。1968年、原子力の平和利用に夢を抱いて東北大学工学部原子核工学科に入学。1970年、女川での反原発集会への参加を機に、原発をやめさせるために原子力の研究を続けることを決意。1974年、東北大学大学院工学研究科修士課程修了(原子核工学)。専門は放射線計測、原子力安全。著書に『原発はいらない』(幻冬舎ルネッサンス新書)など多数。

あなたも好きかもしれません

この国は原発事故から何を学んだのか (幻冬舎ルネッサンス新書) by 小出裕章 ダウンロード PDF EPUB F2

事故前から原発反対の著者が、著著でどのような精密な論理を展開するのか?と思って読んでみた。内容は、寄せ集め的な、情報の断片で、さらに一次資料に当たっていないので、曖昧な孫引き資料を元にした、ときどき独善的な思い込み的なお話の展開でした。もっと科学者然と、冷静な論理展開を期待したのが、その点では裏切られました。