最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

地名で読む江戸の町 (PHP新書)

  • 59 読みたい
  • 78 現在読んでいるもの

発行元 渡辺 尚志 .

    Download 地名で読む江戸の町 (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, 地名で読む江戸の町 (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする 地名で読む江戸の町 (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 地名で読む江戸の町 (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 地名で読む江戸の町 (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大石学
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000000587
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    小石川、門前仲町、八丁堀、さらに寅さんの柴又、遊郭の吉原……。地名の由来を探れば、過去の社会制度や事件、人々の生活が身近に見えてくる。本書は、地名をもとに江戸の歴史と町へ接近(アプローチ)。第1部では、幕府の都市づくり政策を概観する。寺社、町人地、鷹場はいかにして造られたか。さらに「大江戸」「江戸っ子」の呼称成立の背景や、消えた地名についても言及。第2部では、江戸とその周辺を機能・地域別に九つに分類し、50の地名の具体的歴史を探訪する。すなわち、[1]幕府が造った町(丸の内・高田馬場)、[2]武家地(有楽町・御茶の水)、[3]寺社地(浅草)、[4]町人地(両国・蔵前)、[5]水辺の町(佃島・築地)、[6]交通の要所(日本橋・新宿)、[7]遊び場(猿若町・飛鳥山)、[8]武蔵野(練馬・小金井)、[9]東の郊外(柴又・小松川)などというように。市町村合併による地名改変が盛んな昨今、貴重な文化遺産としての地名を再認識できる本である。

あなたも好きかもしれません

地名で読む江戸の町 (PHP新書) by 渡辺 尚志 ダウンロード PDF EPUB F2