最後に編集されたのは 管理者
27.11.2020 | 歴史

プリズンホテル 4 春 (集英社文庫)

  • 61 読みたい
  • 47 現在読んでいるもの

発行元 浅田次郎 .

    Download プリズンホテル 4 春 (集英社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, プリズンホテル 4 春 (集英社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする プリズンホテル 4 春 (集英社文庫) 無料で, 本の無料読書 プリズンホテル 4 春 (集英社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 プリズンホテル 4 春 (集英社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  浅田次郎
    • レーベル:  集英社文庫
    • シリーズ名:  プリズンホテル
    • 発売日:  2013年05月29日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4821165350004
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    幸之介の義母・富江は心の底から喜んでいた。息子が文壇最高の賞「日本文芸大賞」の候補になったのだ。これでもう思い残すこともないとまで思っていた。息子を気遣ってか富江は忽然と姿を消してしまった。幸之介が賞の発表を待つのはご存知プリズンホテル。特別な日にもかかわらず、この夜も因縁つきの人びとが泊り込む。懲役五十二年の老博徒から、演劇母娘など、またしても起こる珍騒動。物語は笑って泣ける大団円へ。

あなたも好きかもしれません

プリズンホテル 4 春 (集英社文庫) by 浅田次郎 ダウンロード PDF EPUB F2

同作家の時代小説は結構読んでいましたが、今回任侠モノは初めてでした。プリズンホテル1~3までを読んだ後の、この4での感想ですが、ストーリーの構成と言い、人物表現の旨さ、笑いのセンスが最高。また、この4でのラストの展開は泣けてしまった。良い意味で、完全にやられた作品です。
最終巻もおもしろおかしく、たまに感動あり、何度読んでも飽きない作品です。
文庫本で昔読んだ本を電子ブックで、再読。笑えて、泣けました。おすすめです。