最後に編集されたのは 管理者
02.12.2020 | 歴史

データサイエンスの森 Kaggleの歩き方

  • 26 読みたい
  • 50 現在読んでいるもの

発行元 門脇大輔 .

    Download データサイエンスの森 Kaggleの歩き方 本 Epub や Pdf 無料, データサイエンスの森 Kaggleの歩き方, オンラインで書籍をダウンロードする データサイエンスの森 Kaggleの歩き方 無料で, 本の無料読書 データサイエンスの森 Kaggleの歩き方オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 データサイエンスの森 Kaggleの歩き方 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  坂本俊之
    • 発売日:  2019年10月24日
    • 出版社:  シーアンドアール研究所
    • 商品番号:  5591226310430
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


     Kaggleとは、コンペティションを主催するほかに、機械学習エンジニアの育成から就職支援まで携わる、データサイエンティスト支援の一大ポータルです。本書では、Kaggleの概要から、コンペティションへの参加方法、コードの実行方法、活用方法など、幅広く解説しています。


    【序文より抜粋】

     本書では、データ解析コンペティションを開催しているKaggleというサイトを紹介しますが、Kaggleのコンペティションは、単純にデータを受け取り、解析し、スコアが付けられるだけの流れ作業ではありません。

     Kaggle上で行われるコンペティションは、それぞれが1つのドラマです。

     データの特性に関する議論や有効なソリューションの公開が行われると思えば、仮順位の推移を巡る駆け引きもあり、そして時には主催者側の問題で右往左往する参加者の姿が見られたりと、コンペティションの開催から終了まで続くお祭り期間中には、さまざまな人間模様を見ることができます。

     Kaggleのコンペティションを通じて、そうしたデータサイエンティストたちの活動の実態を紹介し、また、実際にKaggleに参加して、人間味あふれるデータサイエンティストたちと交流するにはどうすればよいかを紹介するために、本書を執筆しました。

     そのため、本書では、単にKaggleの使い方を解説するだけではなく、実際のコンペティションで起こった事例を、できるだけ多く取り入れるようにしています。

あなたも好きかもしれません

データサイエンスの森 Kaggleの歩き方 by 門脇大輔 ダウンロード PDF EPUB F2