最後に編集されたのは 管理者
20.01.2021 | 歴史

利休遺偈(小学館文庫)

  • 32 読みたい
  • 53 現在読んでいるもの

発行元 西村京太郎 .

    Download 利休遺偈(小学館文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 利休遺偈(小学館文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 利休遺偈(小学館文庫) 無料で, 本の無料読書 利休遺偈(小学館文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 利休遺偈(小学館文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  井ノ部康之
    • レーベル:  小学館文庫
    • シリーズ名:  利休遺偈(小学館文庫)
    • 発売日:  2015年02月13日
    • 出版社:  小学館
    • 商品番号:  4103006600001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。


    秀吉による追及の憂き目から、紆余曲折の末復興した茶道家元・表千家。しかし、七代目如心斎の代、相次ぐ悲報が同家を襲う。茶の湯の求道者としての使命感と情熱を礎に、悲しみと困難を次々と乗り越える彼だったが、唯一、家元としてどうしても果たさねばならない難題を抱えていた。それは、いつの代からか行方不明となっている、祖・利休が割腹の間際に遺した辞世の書「利休遺偈」を探し出すことであった。宿願・家宝奪還は、果たしてなるのかー。

あなたも好きかもしれません

利休遺偈(小学館文庫) (小学館文庫) by 西村京太郎 ダウンロード PDF EPUB F2