最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

リベラリズムの終わり その限界と未来 (幻冬舎新書)

  • 97 読みたい
  • 7 現在読んでいるもの

発行元 李栄薫・編著 .

    Download リベラリズムの終わり その限界と未来 (幻冬舎新書) 本 Epub や Pdf 無料, リベラリズムの終わり その限界と未来 (幻冬舎新書), オンラインで書籍をダウンロードする リベラリズムの終わり その限界と未来 (幻冬舎新書) 無料で, 本の無料読書 リベラリズムの終わり その限界と未来 (幻冬舎新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 リベラリズムの終わり その限界と未来 (幻冬舎新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  萱野稔人
    • レーベル:  幻冬舎新書
    • 発売日:  2019年11月27日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000404894
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    自由を尊重し、富の再分配を目指すリベラリズムが世界中で嫌われている。米国のトランプ現象、欧州の極右政権台頭、日本の右傾化はその象徴だ。リベラル派は、国民の知的劣化に原因を求めるが、リベラリズムには、機能不全に陥らざるをえない思想的限界がある。これまで過大評価されすぎたのだ。リベラリズムを適用できない現代社会の実状を哲学的に考察。注目の哲学者がリベラリズムの根底を覆す。

あなたも好きかもしれません

リベラリズムの終わり その限界と未来 (幻冬舎新書) by 李栄薫・編著 ダウンロード PDF EPUB F2