最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

妖たちの祝いの品は 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫)

  • 22 読みたい
  • 70 現在読んでいるもの

発行元 廣嶋玲子 .

    Download 妖たちの祝いの品は 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 妖たちの祝いの品は 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 妖たちの祝いの品は 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫) 無料で, 本の無料読書 妖たちの祝いの品は 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 妖たちの祝いの品は 〈妖怪の子預かります〉 (創元推理文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  廣嶋玲子
    • レーベル:  創元推理文庫
    • シリーズ名:  〈妖怪の子預かります〉
    • 発売日:  2019年12月11日
    • 出版社:  東京創元社
    • 商品番号:  4745651100000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    めでたい赤ん坊の誕生に、どんなお祝いを贈ろうか?

    久蔵の女房となった初音姫の出産を前に、祝いの品選びに奔走する妖怪たち。

    大人気シリーズ第9弾!


    危ういところを助かったものの、なかなか体力が戻らない弥助を心配した兎の妖怪、玉雪は、弥助に食べさせる雪を探すうちに、鈴白山に棲む冬のあやかし、細雪丸に出会う。そこで玉雪が聞いた子守唄は……「玉雪の子守唄」。鈴白山をさまよう幼い姉妹の死霊が子供を守る妖怪、うぶめに出会う「うぶめの夜」。久蔵の女房、初音姫の出産を前に、心づくしの祝いの品を贈ろうと奔走するあやかしたち。萩乃が、津弓が、右京と左京が、王蜜の君が、そして弥助が考えに考えた末に選んだ贈り物は……「祝いの品」。全6編を収録した大人気シリーズ第9弾。

あなたも好きかもしれません

妖たちの祝いの品は (創元推理文庫) by 廣嶋玲子 ダウンロード PDF EPUB F2