最後に編集されたのは 管理者
08.02.2021 | 歴史

コンテンツのつくり方

  • 16 読みたい
  • 44 現在読んでいるもの

発行元 樺沢紫苑 .

    Download コンテンツのつくり方 本 Epub や Pdf 無料, コンテンツのつくり方, オンラインで書籍をダウンロードする コンテンツのつくり方 無料で, 本の無料読書 コンテンツのつくり方オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 コンテンツのつくり方 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  高瀬 敦也
    • 発売日:  2018年08月10日
    • 出版社:  クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
    • 商品番号:  4694295402260
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「コンテンツ」や「企画」に悩む全ての人へ

    「逃走中」「ヌメロン」「ノイタミナ」「世界行ってみたらホントはこんなとこだった!?」等、

    数々のヒットコンテンツを生み出したプロデューサーの世界一簡単なコンテンツのつくり方!


    「うちの会社はWebマーケティングに力を入れてきたけど、これからはやっぱり

    コンテンツマーケティングを重視すべきだと思うんだ。ちょっとコンテンツ考えてよ」


    上司やクライアントから、こんな無茶振りされることってありませんか。

    「コンテンツ」という言葉が出てきて久しいですが、そもそも「コンテンツ」とは何でしょうか。

    とりあえずググってみます。「中身」とあります。「はぁ」って感じですよね。

    さきほどの無茶振りの文脈からは、なんとなく「人が集まるモノや、お金に繋がりそうなモノをつくって」と言われていることくらいは分かります。

    でも具体的にどうすればいいか悩みますよね。コンテンツが「中身」であるならば、それを包むモノ、言わば「外身」によっても意味が異なってきます。


    一言で言うと、世の中のものはすべて「コンテンツ」です。

    だから、難しく考える必要はありません。Webにある記事も、今日飲んだミネラルウォーターも、今着ている服も、みんな「コンテンツ」です。

    正確には、「コンテンツになる可能性を秘めて」います。

    あらゆるモノ、商品やサービスはコンテンツになる可能性があるので、新しいモノを生み出す必要はありません。

    コンテンツにしていく、つまり「コンテンツ化」していくだけで大丈夫です。


    もちろん「コンテンツ化」にはノウハウがあります。

    私の経験もそうですが、いろいろな場面で教わったり、伝え聞いたりしたノウハウをまとめたのがこの本です。

あなたも好きかもしれません

コンテンツのつくり方 人がうごく by 樺沢紫苑 ダウンロード PDF EPUB F2