最後に編集されたのは 管理者
11.02.2021 | 歴史

流人道中記(下)

  • 92 読みたい
  • 1 現在読んでいるもの

発行元 浅田次郎 .

    Download 流人道中記(下) 本 Epub や Pdf 無料, 流人道中記(下), オンラインで書籍をダウンロードする 流人道中記(下) 無料で, 本の無料読書 流人道中記(下)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 流人道中記(下) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  浅田次郎
    • シリーズ名:  流人道中記
    • 発売日:  2020年04月09日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4910000072981
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    恥を晒しても、家族を捨てても、

    武士ならば死んではならぬ

    理不尽に塗れたこの国で、男が抱えた罪の真実とは?

    『壬生義士伝』『一路』の浅田次郎最高の感動作


    流人・青山玄蕃と押送人・石川乙次郎は、奥州街道の終点、三厩を目指し歩みを進める。道中行き会うは、父の仇を探し旅する侍、無実の罪を被る少年、病を得ながらも故郷に戻ろうとする女……。彼らを救わんとする玄蕃の思いに触れるにつれ、乙次郎の武士としての心は揺らいでいく。旅路の果てで明らかになる、玄蕃の抱えた罪の真実。武士の鑑である男がなぜ、恥を晒して生きる道を選んだのか。

あなたも好きかもしれません

流人道中記(下) by 浅田次郎 ダウンロード PDF EPUB F2