最後に編集されたのは 管理者
20.11.2020 | 歴史

自由の命運  国家、社会、そして狭い回廊 下

  • 20 読みたい
  • 33 現在読んでいるもの

発行元 岩村充 .

    Download 自由の命運  国家、社会、そして狭い回廊 下 本 Epub や Pdf 無料, 自由の命運  国家、社会、そして狭い回廊 下, オンラインで書籍をダウンロードする 自由の命運  国家、社会、そして狭い回廊 下 無料で, 本の無料読書 自由の命運  国家、社会、そして狭い回廊 下オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 自由の命運  国家、社会、そして狭い回廊 下 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ダロン アセモグル, ジェイムズ A ロビンソン
    • 訳者:  櫻井 祐子
    • 発売日:  2020年01月23日
    • 出版社:  早川書房
    • 商品番号:  4620000612870
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    自由の命運を左右する「狭い回廊」への道は一様ではなく、またそこに留まるのも容易ではない。成長著しい中国の繁栄に潜む罠、世界最大の民主主義国と言われながら、カースト制度という見えない「規範の檻」に縛られたインド、アメリカ合衆国のアンバランスな発展の功罪、南米やアフリカの能力を欠いた「張り子のリヴァイアサン」たち、「足枷のリヴァイアサン」が制御不能に陥ったナチス・ドイツと現代のポピュリズム運動との連続性、幅広い連合の形成によって「狭い回廊」内への移行に成功した日本や南アフリカと、失敗したトルコやジンバブエーー。さまざまな歴史の教訓から浮かび上がるリヴァイアサンの統御法と回廊内に留まるすべとは? ノーベル経済学賞の受賞が有力視される経済学者と気鋭の政治学者が20年におよぶ研究をもとに贈る渾身の書。解説/稲葉振一郎

あなたも好きかもしれません

自由の命運  国家、社会、そして狭い回廊 下 by 岩村充 ダウンロード PDF EPUB F2