最後に編集されたのは 管理者
25.11.2020 | 歴史

新書太閤記(三) (吉川英治歴史時代文庫)

  • 31 読みたい
  • 64 現在読んでいるもの

発行元 吉川英治 .

    Download 新書太閤記(三) (吉川英治歴史時代文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 新書太閤記(三) (吉川英治歴史時代文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 新書太閤記(三) (吉川英治歴史時代文庫) 無料で, 本の無料読書 新書太閤記(三) (吉川英治歴史時代文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 新書太閤記(三) (吉川英治歴史時代文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  吉川英治
    • レーベル:  吉川英治歴史時代文庫
    • シリーズ名:  新書太閤記
    • 発売日:  2012年11月10日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000004157
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    桶狭間の大勝は、尾張に信長あり、と武名は喧伝されたが、天下統一へは第一歩を踏み出したにすぎない。次なる目標は、美濃の攻略である。その拠点ともなるべき洲股。濃尾の国境をながれる天然の要害の地に、織田軍団の足場をつくりたい。これが信長の渇望であった。だが言うは易く、工事は至難。重臣、みな反対である。時に藤吉郎ひとり、賛成論をブッた。当然、大命は藤吉郎に。

あなたも好きかもしれません

新書太閤記(三) (吉川英治歴史時代文庫) by 吉川英治 ダウンロード PDF EPUB F2