最後に編集されたのは 管理者
22.12.2020 | 歴史

現場で使える!PyTorch開発入門 深層学習モデルの作成とアプリケーションへの実装

  • 42 読みたい
  • 98 現在読んでいるもの

発行元 小川雄太郎 .

    Download 現場で使える!PyTorch開発入門 深層学習モデルの作成とアプリケーションへの実装 本 Epub や Pdf 無料, 現場で使える!PyTorch開発入門 深層学習モデルの作成とアプリケーションへの実装, オンラインで書籍をダウンロードする 現場で使える!PyTorch開発入門 深層学習モデルの作成とアプリケーションへの実装 無料で, 本の無料読書 現場で使える!PyTorch開発入門 深層学習モデルの作成とアプリケーションへの実装オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 現場で使える!PyTorch開発入門 深層学習モデルの作成とアプリケーションへの実装 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  杜世橋
    • 発売日:  2018年09月18日
    • 出版社:  翔泳社
    • 商品番号:  9784798158990
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【本書について】

    本書は、 杜世橋氏がKindle Direct Publishingを利用してKindleストアで販売している

    『PyTorchで学ぶニューラルネットワークと深層学習』(ASIN: B078WK5CPK)を書籍化したものです。

    書籍化にあたり、最新(2018年7月時点)のPyTorch v0.4に対応するなど大幅に加筆しています。

    また、付録に無料で利用できるGPU環境である「Colaboratory」の利用方法の追加などを行っており、

    GPU環境が利用できない読者でも様々なニューラルネットワークのモデル学習が体験できるようになっています。


    【PyTorch(パイトーチ)とは】

    PyTorchは主にFacebook社のメンバーが開発しているOSSの深層学習フレームワークです。

    特徴としては動的ネットワーク方式を採用していてPythonの関数と同じ感覚でニューラルネットワークを構築できる点が挙げられます。


    【本書の概要】

    本書はPyTorchの基本から深層学習モデルの作成、そしてアプリケーション作成まで網羅した書籍です。

    具体的には、PyTorchの基本から始まり、最尤推定と線形モデル、多層パーセプトロンについて解説します。

    その後、画像処理と畳み込みニューラルネット、自然言語処理と再帰型ニューラルネットを扱います。

    また、推薦システムやWebAPIの作成、アプリケーションのデプロイについても解説します。

    さらに付録では、TensorBoardによる可視化、Colaboratoryの利用方法などを解説しています。


    【対象読者】

    深層学習エンジニア、機械学習エンジニア


    ※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。

    ※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。

    ※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。

    ※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

あなたも好きかもしれません

現場で使える!PyTorch開発入門 深層学習モデルの作成とアプリケーションへの実装 by 小川雄太郎 ダウンロード PDF EPUB F2