最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

軍は在満の一般邦人を見捨てた

  • 94 読みたい
  • 41 現在読んでいるもの

発行元 澤地久枝 .

    Download 軍は在満の一般邦人を見捨てた 本 Epub や Pdf 無料, 軍は在満の一般邦人を見捨てた, オンラインで書籍をダウンロードする 軍は在満の一般邦人を見捨てた 無料で, 本の無料読書 軍は在満の一般邦人を見捨てたオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 軍は在満の一般邦人を見捨てた 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  堀江 泰子
    • 発売日:  2015年03月18日
    • 出版社:  堀江 泰子
    • 商品番号:  1230000312851
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    日本の敗戦が色濃くなった第二次世界大戦末期、日本が統治していた満州国(中国東北部)に日ソ中立条約を破ってソ連兵が侵攻。事前に日本敗戦の情報を掴んでいた日本軍(関東軍)は一般の在邦人を置いて密かに日本に帰国、守ってくれるはずの軍も政府もない日本人街は混乱を極める。満州に在住していた筆者は幼い娘を連れてソ連兵から逃れるため、屋根裏に隠れるが「日本人(ヤポンスキー)はいないか」と怒鳴る声がだんだんと近づき…。現在95歳の筆者が大正時代に満州に生まれ育ち、終戦後にアメリカの輸送船で舞鶴港に引き揚げ帰国するまでの体験を、当時の満州の生活文化も交えて描く。

あなたも好きかもしれません

軍は在満の一般邦人を見捨てた【満州引き揚げの記録】 by 澤地久枝 ダウンロード PDF EPUB F2