最後に編集されたのは 管理者
30.11.2020 | 歴史

水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない (講談社+α新書)

  • 7 読みたい
  • 31 現在読んでいるもの

発行元 小林弘幸 .

    Download 水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない (講談社+α新書) 本 Epub や Pdf 無料, 水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない (講談社+α新書), オンラインで書籍をダウンロードする 水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない (講談社+α新書) 無料で, 本の無料読書 水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない (講談社+α新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない (講談社+α新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  竹内孝仁
    • レーベル:  講談社+α新書
    • シリーズ名:  水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない
    • 発売日:  2013年10月04日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000012015
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    脳が萎縮し、もう治らない。これが多くの人が持つ認知症のイメージ。脳は複雑であり、遺伝子レベルでも治療は不可能なのが現状だ。が、身体という視点に立てば、認知症は驚くほど単純な病といえる。「単なる脱水」ーーこれが認知症の正体だ。人間の体のおよそ半分を占める水分のうち、1、2パーセントが失われただけで、意識はおかしくなってしまう。一日1500ccの水を飲むことで、症状はほとんどとれてしまうことがある。

あなたも好きかもしれません

水をたくさん飲めば、ボケは寄りつかない (講談社+α新書) by 小林弘幸 ダウンロード PDF EPUB F2