最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

仙文閣の稀書目録 (角川文庫)

  • 7 読みたい
  • 95 現在読んでいるもの

発行元 冬馬 倫 .

    Download 仙文閣の稀書目録 (角川文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 仙文閣の稀書目録 (角川文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 仙文閣の稀書目録 (角川文庫) 無料で, 本の無料読書 仙文閣の稀書目録 (角川文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 仙文閣の稀書目録 (角川文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  三川 みり
    • レーベル:  角川文庫
    • 発売日:  2020年04月24日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4339360700300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    巨大書庫・仙文閣(せんぶんかく)。そこに干渉した王朝は程なく滅びるという伝説の場所。帝国・春(しゅん)の少女、文杏(ぶんきょう)は、一冊の本をそこに届けるべく必死だった。危険思想の持主として粛清された恩師が遺した、唯一の書物。けれど仙文閣の典書(司書)だという黒髪碧眼の青年・徐麗考(じょれいこう)に、蔵書になったとしても、本が永遠に残るわけではないと言われ、心配のあまり仙文閣に住み込むことに……。少女小説の手練、三川みりが贈る、命がけで本を護る少女と天才司書青年の新感覚中華ファンタジー!

あなたも好きかもしれません

仙文閣の稀書目録 (角川文庫) by 冬馬 倫 ダウンロード PDF EPUB F2

本好きにはたまらないであろう仙文閣の古風な建築を感じさせる描写や、
登場人物たちのキャラクター、それぞれが抱える過去や思いの錯綜が
中国文化と相まってとても面白かったです。
さらっと気軽に読めるので引き込まれるように一日で読み終えてしまい、
「もう終わっちゃった…」と寂しい気持ちが残りました(笑)
読み出して『中華版図書館戦争?』と思いましたが、それでもおもしろく、読み終えた後 読書の楽しみを満喫しています。ぜひ「一華後宮料理帳」のような、息の長いシリーズになることを願います。