最後に編集されたのは 管理者
21.11.2020 | 歴史

私本太平記(六) (吉川英治歴史時代文庫)

  • 28 読みたい
  • 17 現在読んでいるもの

発行元 吉川英治 .

    Download 私本太平記(六) (吉川英治歴史時代文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 私本太平記(六) (吉川英治歴史時代文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 私本太平記(六) (吉川英治歴史時代文庫) 無料で, 本の無料読書 私本太平記(六) (吉川英治歴史時代文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 私本太平記(六) (吉川英治歴史時代文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  吉川英治
    • レーベル:  吉川英治歴史時代文庫
    • シリーズ名:  私本太平記
    • 発売日:  2014年08月01日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000017156
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    なぜ、建武の新政が暗礁に乗りあげたのか? 根本には、公卿は武家を蔑視し、武家は公卿を軽んじていたからである。それが端的に論功行賞に現れ、武家の不満は爆発した。武家は不平のやり場を尊氏に求めたが、この趨勢を心苦く思っていたのが、大塔ノ宮だった。尊氏を倒せ! その作戦は宮のもとで練られていた。北東残党の蠢動は激しく、宮には絶好の時かと思われたが……。

あなたも好きかもしれません

私本太平記(六) (吉川英治歴史時代文庫) by 吉川英治 ダウンロード PDF EPUB F2