最後に編集されたのは 管理者
30.11.2020 | 歴史

人生は苦である、でも死んではいけない (講談社現代新書)

  • 64 読みたい
  • 31 現在読んでいるもの

発行元 平野啓一郎 .

    Download 人生は苦である、でも死んではいけない (講談社現代新書) 本 Epub や Pdf 無料, 人生は苦である、でも死んではいけない (講談社現代新書), オンラインで書籍をダウンロードする 人生は苦である、でも死んではいけない (講談社現代新書) 無料で, 本の無料読書 人生は苦である、でも死んではいけない (講談社現代新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 人生は苦である、でも死んではいけない (講談社現代新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  岸見一郎
    • レーベル:  講談社現代新書
    • シリーズ名:  人生は苦である、でも死んではいけない
    • 発売日:  2020年02月13日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000066856
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    人生は苦。それでも生きる。日々、生きづらさを感じているすべての人へ。ベストセラー『嫌われる勇気』の著者が送る力強いメッセージ!

    人生は苦しい。苦しいこともあれば、楽しいこともある、ではなく、本来的に人生とは苦しいもの。それゆえ仏教は「生老病死」の苦しみを説き、聖書は人生を嘆きの谷になぞらえる。でも、それでも死んでしまうのではなく、この事実を認め、受け入れた上で生きていこう。いじめられている人も、会社でハラスメントを受けている人も、死んでしまうのではなく、とにかく生きよう。どんなに孤独に思えても、かならずどこかに「仲間」はいる。だから絶望することなく、希望を持って生きてゆこう。人生を「生きる」ことが、この世に生を受けたすべての人に課された課題だから。

    仏教、キリスト教、ギリシア哲学ーーいにしえの知恵をたずね、アドラー心理学、三木清の『人生論ノート』など、さまざまな思想に学び、築き上げた、岸見一郎の総決算としての人生論!

あなたも好きかもしれません

人生は苦である、でも死んではいけない (講談社現代新書) by 平野啓一郎 ダウンロード PDF EPUB F2

この本の題名は、「人生は苦である、でも死んではいけない」ということになっているが、なんで、死んではいけないのかは、書いていない、
マズローやアドラーなどの心理学者が出てくるが、全く、参考にならない。
そもそも、健康な人は、そんな本は読めない。
筆者が死んではいけないと言っても、納得できるロジックや感覚を提供できなければ、死んでもいいと思う人は多いと思う。
あと、副題で「死んでしまうよりも、生きた方がいい」と書いているが、死んでもいないのに、なんで、生きている方がいいと言い切れるのか、理解できない。
死んでしまった方が楽になれるかもしれない。