最後に編集されたのは 管理者
20.12.2020 | 歴史

神様の御用人7 (メディアワークス文庫)

  • 16 読みたい
  • 85 現在読んでいるもの

発行元 浅葉 なつ .

    Download 神様の御用人7 (メディアワークス文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 神様の御用人7 (メディアワークス文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 神様の御用人7 (メディアワークス文庫) 無料で, 本の無料読書 神様の御用人7 (メディアワークス文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 神様の御用人7 (メディアワークス文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  浅葉 なつ
    • レーベル:  メディアワークス文庫
    • シリーズ名:  神様の御用人
    • 発売日:  2017年09月22日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4337229600300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    朝を迎えるごとに記憶を失ってしまう月読命(つくよみのみこと)。彼の御用は、こんな自分を支えてくれる実弟・須佐之男命(すさのおのみこと)への贈り物を探して欲しいというものだった。いつも通り行動を起こす良彦だったが、それはやがて予期せぬ方向へと一同を導くことになり……。一方、穂乃香はとある女子生徒と「月」をきっかけに距離を縮め、次第に彼女の心に寄り添っていく。記紀に伝えられることなく葬られた神々の秘密が今、月光に晒されるーー。

あなたも好きかもしれません

神様の御用人7 (メディアワークス文庫) by 浅葉 なつ ダウンロード PDF EPUB F2

第1巻から6巻まで、もふもふの方位神との微笑ましいやりとりとともに行われる御用の数々を楽しく読んできたが、この第7巻はそれまでとは違う、何とも重い御用。神々の姉弟愛・兄弟愛、主人公良彦に対する神々の愛・・・それらに最後は涙しながら読み終えた。感動の1冊!
現在30%読書中です、たいへんおもしろいです。
神様の御用人シリーズは全部読んでいるので、
7も購入しました。
登場人物の掛け合いが面白いです。
神社や古典について詳しく書かれている部分もあり、興味深いです。
楽しい内容でありながら、考えさせられたり、感動したり
読んでいて飽きません。
短編集なので読みやすいです。