最後に編集されたのは 管理者
06.01.2021 | 歴史

建築から見た日本古代史 (ちくま新書)

  • 17 読みたい
  • 67 現在読んでいるもの

発行元 倉本一宏 .

    Download 建築から見た日本古代史 (ちくま新書) 本 Epub や Pdf 無料, 建築から見た日本古代史 (ちくま新書), オンラインで書籍をダウンロードする 建築から見た日本古代史 (ちくま新書) 無料で, 本の無料読書 建築から見た日本古代史 (ちくま新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 建築から見た日本古代史 (ちくま新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  武澤秀一
    • レーベル:  ちくま新書
    • 発売日:  2017年04月28日
    • 出版社:  筑摩書房
    • 商品番号:  5591213454810
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    建築とは、権力者たちが駆使した政治的言語である──。日本誕生の舞台となる古代において建築は、権力者が自らの権威を明らかにし、体現する文明の壮大さ、美意識の優越を高らかに宣言する最大最強のメディアであった。飛鳥寺、法隆寺、四天王寺から本薬師寺、伊勢神宮式年遷宮にいたるまで、建築様式や構造、配置パターンのなかに、母系と父系、天皇と律令、ナショナリズムと文明開化、それぞれの葛藤と融合を見いだし、まったく新しい日本古代史を組み上げ、提示する。

あなたも好きかもしれません

建築から見た日本古代史 (ちくま新書) by 倉本一宏 ダウンロード PDF EPUB F2