最後に編集されたのは 管理者
11.12.2020 | 歴史

現代語でさらりと読む茶の古典 南方録 (覚書・滅後)

  • 1 読みたい
  • 97 現在読んでいるもの

発行元 神津朝夫 .

    Download 現代語でさらりと読む茶の古典 南方録 (覚書・滅後) 本 Epub や Pdf 無料, 現代語でさらりと読む茶の古典 南方録 (覚書・滅後), オンラインで書籍をダウンロードする 現代語でさらりと読む茶の古典 南方録 (覚書・滅後) 無料で, 本の無料読書 現代語でさらりと読む茶の古典 南方録 (覚書・滅後)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 現代語でさらりと読む茶の古典 南方録 (覚書・滅後) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  筒井紘一
    • シリーズ名:  現代語でさらりと読む茶の古典
    • 発売日:  2013年09月20日
    • 出版社:  淡交社
    • 商品番号:  4912200090001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    『南方録』には、利休の愛弟子であった南坊宗啓が師より伝えられた「わび茶」の精神と、具体的な茶法があつく語られている。しかし、南坊宗啓という人物の存在は確認されておらず、本書自体は利休没後百年もたってから福岡藩の家老立花実山によって編まれている。必読の利休茶の湯伝書。

あなたも好きかもしれません

現代語でさらりと読む茶の古典 南方録 (覚書・滅後) by 神津朝夫 ダウンロード PDF EPUB F2