最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

あっと驚く2050年・超未来予測―週刊東洋経済eビジネス新書No.26

  • 72 読みたい
  • 52 現在読んでいるもの

発行元 英『エコノミスト』編集部 .

    Download あっと驚く2050年・超未来予測―週刊東洋経済eビジネス新書No.26 本 Epub や Pdf 無料, あっと驚く2050年・超未来予測―週刊東洋経済eビジネス新書No.26, オンラインで書籍をダウンロードする あっと驚く2050年・超未来予測―週刊東洋経済eビジネス新書No.26 無料で, 本の無料読書 あっと驚く2050年・超未来予測―週刊東洋経済eビジネス新書No.26オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 あっと驚く2050年・超未来予測―週刊東洋経済eビジネス新書No.26 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 編集:  週刊東洋経済編集部,山田徹也,長谷川隆,内田利枝,茨木 裕,小林由衣
    • 発売日:  2013年09月17日
    • 出版社:  東洋経済新報社
    • 商品番号:  4659102551026
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


     司馬遼太郎が『坂の上の雲』で描いたのは、20世紀初めの日露戦争までの数十年間だった。富国強兵と殖産興業によって、列強の一角に上り詰める時期の日本を生き生きと描いた。

     100年後の日本は、司馬の描いた時代と正反対に、人口も、経済も、世界的な地位も、縮小、低下していく。まるで明治や昭和の高度成長期に駆け上がった坂道を、今度は数十年かけてゆっくりと下っていくかのようだ。

     本書では2050年を中心に、30年から60年にかけての時間軸で、将来われわれの生活がどのように変わるのかを展望する。そのうえで、危機をチャンスに変えるきっかけを考えてみたい。

あなたも好きかもしれません

あっと驚く2050年・超未来予測 週刊東洋経済eビジネス新書No.26 by 英『エコノミスト』編集部 ダウンロード PDF EPUB F2

題名に惹かれ購入しましたが内容的には期待はずれ??
いろんな記事の寄せ集めですね。どこかで見たような記事のオンパレードでした。残念!
自己啓発用で購入しました。初心者でもわかりやすいです。