最後に編集されたのは 管理者
10.02.2021 | 歴史

繁あね 美しい女たちの物語 (講談社文庫)

  • 13 読みたい
  • 18 現在読んでいるもの

発行元 藤沢周平 .

    Download 繁あね 美しい女たちの物語 (講談社文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 繁あね 美しい女たちの物語 (講談社文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 繁あね 美しい女たちの物語 (講談社文庫) 無料で, 本の無料読書 繁あね 美しい女たちの物語 (講談社文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 繁あね 美しい女たちの物語 (講談社文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  山本周五郎
    • レーベル:  講談社文庫
    • シリーズ名:  繁あね 美しい女たちの物語
    • 発売日:  2019年10月16日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000063367
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    繁あねは女のエッセンスである。ーー山口瞳(作家)艶やかに、ときに凜とし、ときに意地悪くーー。作家が見つめた女という生き方とは。木場の畔に暮らす作家の私。釣竿をおろす私に突然声をかけてきたのは、繁あねだった。年は十二、三、妹と二人両親に捨てられ、肌にはひどい腫れ物があり、その生い立ちのため人に対して好戦的であることから、町でもその娘を引き取る者はいなかった。少女から女に変わる途上の繁あねとの会話を通し浮かび上がる、その生の在り方や人間の美しさ。表題作「繁あね」のほか、「この女とは一緒にいてはいけない……」そう思い別れた女・おさんへの複雑な思いから、その消息をたずねる男。おさんは、移り住んだ家に次々に男を引き込んでいると聞くが……。女の生を通し、人の心、男女の想いのありようを艶やかに描き出した名作「おさん」など。女性の美しさ、その生の在り方を艶やかに描く名作七篇。

あなたも好きかもしれません

繁あね 美しい女たちの物語 (講談社文庫) by 藤沢周平 ダウンロード PDF EPUB F2