最後に編集されたのは 管理者
27.11.2020 | 歴史

プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書)

  • 43 読みたい
  • 25 現在読んでいるもの

発行元 草野 俊彦 .

    Download プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書) 本 Epub や Pdf 無料, プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書), オンラインで書籍をダウンロードする プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書) 無料で, 本の無料読書 プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  野村亮太
    • レーベル:  集英社新書
    • シリーズ名:  プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする
    • 発売日:  2019年07月19日
    • 出版社:  集英社
    • 商品番号:  4826318290001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    認知科学の分野で「噺家の熟達化」を探究してきた落語研究家は、心理実験に加えて数理的アプローチによる数値実験という新たな武器を手に入れた。その気鋭の研究者が、コンピュータを自在に動かすプログラミング思考の発想を使いこなして、自らの思考を整理し、わずかな労力で作業効率を格段に高める極意を伝授する。本書が提唱するのは、二度手間、三度手間をあらかじめ防いでしまう順次処理、日常に潜むルーティンから時間を生み出す反復敏感性、そしてわずかな操作で多くの手間を省く条件分岐という三原則が、創造的問題解決にも活用できるという、文理を自在に行き来する著者ならではの思考術だ。情報過剰時代の荒波をたくましく乗りこなすための実践書!

あなたも好きかもしれません

プログラミング思考のレッスン 「私」を有能な演算装置にする (集英社新書) by 草野 俊彦 ダウンロード PDF EPUB F2