最後に編集されたのは 管理者
04.12.2020 | 歴史

幻覚剤は役に立つのか 亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ

  • 90 読みたい
  • 58 現在読んでいるもの

発行元 ミシェル・マクナマラ .

    Download 幻覚剤は役に立つのか 亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 本 Epub や Pdf 無料, 幻覚剤は役に立つのか 亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ, オンラインで書籍をダウンロードする 幻覚剤は役に立つのか 亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 無料で, 本の無料読書 幻覚剤は役に立つのか 亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 幻覚剤は役に立つのか 亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  マイケル・ポーラン
    • 訳者:  宮崎真紀
    • シリーズ名:  亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ
    • 発売日:  2020年06月26日
    • 出版社:  亜紀書房
    • 商品番号:  4910000090408
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    『雑食動物のジレンマ』『人間は料理をする』で知られるジャーナリストが自ら幻覚剤を体験し、タブーに挑む!


    今どんな幻覚剤の研究がおこなわれているのか。

    幻覚剤は脳にどんな影響を与えるのか。

    そして、医療や人類の精神に、幻覚剤はいかに寄与しうるのか。


    「不安障害」「依存症」「うつ病」「末期ガン」などへの医学的利用の可能性と、“変性する意識”の内的過程を探る画期的ノンフィクション。


    ニューヨークタイムズ紙「今年の10冊」選出(2018年)、ガーディアン紙、絶賛!


    一部の精神科医や心理学者が過去の幻覚剤研究の存在に気づき、発掘を始めたのは最近のことだ。

    彼らは現代の基準で再実験をおこなって、その精神疾患治療薬としての可能性に驚愕し、(中略)幻覚剤が脳にどう働くのか調べはじめた。

    ーー幻覚剤ルネッサンスである。(宮崎真紀)


    【目次】

    プロローグ 新たな扉

    第一章 ルネッサンス

    第二章 博物学ーーキノコに酔う

    第三章 歴史ーー幻覚剤研究の第一波

     一  有望な可能性

     二  崩壊

    第四章 旅行記ーー地下に潜ってみる

     トリップ一 LSD

     トリップ二 サイロシビン

     トリップ三 5-MeO-DMT(あるいはトード)

    第五章 神経科学ーー幻覚剤の影響下にある脳

    第六章 トリップ治療ーー幻覚剤を使ったセラピー

     一  終末期患者

     二  依存症

     三  うつ病

    エピローグ 神経の多様性を讃えて

あなたも好きかもしれません

幻覚剤は役に立つのか by ミシェル・マクナマラ ダウンロード PDF EPUB F2