最後に編集されたのは 管理者
06.12.2020 | 歴史

新型コロナから見えた日本の弱点~国防としての感染症~ (光文社新書)

  • 87 読みたい
  • 59 現在読んでいるもの

発行元 宮坂昌之 .

    Download 新型コロナから見えた日本の弱点~国防としての感染症~ (光文社新書) 本 Epub や Pdf 無料, 新型コロナから見えた日本の弱点~国防としての感染症~ (光文社新書), オンラインで書籍をダウンロードする 新型コロナから見えた日本の弱点~国防としての感染症~ (光文社新書) 無料で, 本の無料読書 新型コロナから見えた日本の弱点~国防としての感染症~ (光文社新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 新型コロナから見えた日本の弱点~国防としての感染症~ (光文社新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  村中璃子
    • レーベル:  光文社新書
    • シリーズ名:  新型コロナから見えた日本の弱点~国防としての感染症~
    • 発売日:  2020年08月28日
    • 出版社:  光文社
    • 商品番号:  4480000107082
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    世界の多くの国にとって、新興・再興感染症対策は国防の要である。翻って日本は、国防の観点からの感染症対策は明らかに後れをとっている。新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、WHOの権威が失墜し、各国の安全保障体制におけるバイオセキュリティの位置づけの変化が浮き彫りになっている。ドイツ在住、WHOでの勤務経験も持つ医師・ジャーナリストが、新型ウイルスとの闘いを国防・外交の観点から捉え直し伝える。

あなたも好きかもしれません

新型コロナから見えた日本の弱点~国防としての感染症~ (光文社新書) by 宮坂昌之 ダウンロード PDF EPUB F2