最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

雪のなまえ

  • 13 読みたい
  • 49 現在読んでいるもの

発行元 凪良ゆう .

    Download 雪のなまえ 本 Epub や Pdf 無料, 雪のなまえ, オンラインで書籍をダウンロードする 雪のなまえ 無料で, 本の無料読書 雪のなまえオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 雪のなまえ 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  村山由佳
    • シリーズ名:  雪のなまえ
    • 発売日:  2020年12月08日
    • 出版社:  徳間書店
    • 商品番号:  4910000126322
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    つらいことからどうして逃げちゃいけないの?


    【著者からのコメント】

    「自分探し」の記憶はあまりありませんが、「居場所探し」はつい最近までくり返してきた気がします。

     心安らげる居場所がないのは不安なことです。つい、間違ったものにしがみつきたくなってしまう。

    ここにいていいのだと信じられる場所、ほんとうの自分を受け容れてもらえる場所さえ見つかったなら、誰もがもっと生きやすくなるし、自信を持てるし、ひとに優しくなれるんじゃないか。

    そうした場所を見つけようとして今までいた場所に別れを告げるのは、決して〈逃げ〉ではないんじゃないか──。

    今作『雪のなまえ』は、そんな思いをこめてつづりました。

    時にすれ違っても、みんながお互いのことを思い合う物語です。

    若い人にも、かつて若かった人にも、ぜひ。


    「夢の田舎暮らし」を求めて父が突然会社を辞めた。

    いじめにあい登校できなくなった小学五年生の雪乃は、

    父とともに曾祖父母が住む長野で暮らしを始める。

    仕事を諦めたくない母は東京に残ることになった。


    胸いっぱいに苦しさを抱えていても、雪乃は思いを吐き出すことができない。

    そんな雪乃の凍った心を溶かしてくれたのは、長野の大自然、地元の人々、同級生大輝との出会いだったーー。


    ほんとうの自分を受け容れてくれる場所。

    そこを見つけるため、今いる場所に別れを告げるのは、決して逃げではない。


    【目次】

    プロローグ 夢と自由と

    第一章 新天地

    第二章 美しい眺め

    第三章 人間の学校

    第四章 名前

    第五章 サイダーの泡

    第六章 一人前の仕事

    第七章 寄り合いの夜

    第八章 訪問者

    第九章 起き上がり小法師

    エピローグ 雪のなまえ

あなたも好きかもしれません

雪のなまえ by 凪良ゆう ダウンロード PDF EPUB F2