最後に編集されたのは 管理者
20.11.2020 | 歴史

「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家 (角川新書)

  • 60 読みたい
  • 4 現在読んでいるもの

発行元 小和田哲男 .

    Download 「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家 (角川新書) 本 Epub や Pdf 無料, 「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家 (角川新書), オンラインで書籍をダウンロードする 「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家 (角川新書) 無料で, 本の無料読書 「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家 (角川新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家 (角川新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  大西 泰正
    • レーベル:  角川新書
    • 発売日:  2019年09月07日
    • 出版社:  KADOKAWA
    • 商品番号:  4338285000300
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    瀬戸内の小領主から備前美作両国を治める大大名にまでなった宇喜多氏。“表裏第一の邪将”と呼ばれた父・直家の後を継ぎ、宇喜多秀家は若くして豊臣政権の「大老」にまで上りつめる。しかし、その運命は関ヶ原での敗北を境にして一変し、ついには八丈島に流罪となる。なぜ秀家はかくも秀吉に愛されたのか。なぜ西軍大将格でひとりだけ生き延びることができたのか。なぜ、その一族(宇喜多一類)は現代まで続いたのか。激動の時代を生き抜いた執念の男の実像を、最新研究をもとに描きだす決定的評伝!

あなたも好きかもしれません

「豊臣政権の貴公子」宇喜多秀家 (角川新書) by 小和田哲男 ダウンロード PDF EPUB F2

この本は、備前を領主とする宇喜多秀家の生涯を描いている本である。
豊臣政権では、五大老の一人にまでなり、しっかりと豊臣政権を支えた男である。
おそらく、人柄は、誠実の人ような気がする。
豊臣秀吉が死んでも、露骨に家康には、くっつかず、関ヶ原の戦いで、西軍の最大兵力の1万7000人まで、投入して、善戦している。
ただ、本書では描かれていないが、宇喜多と毛利は、隣国であり、絶えず、仲が悪い。
その為、関ヶ原の戦いは、毛利、吉川、小早川の三つは、西軍でありながら、宇喜多の存在を気にして、東軍に回ったというのが、客観的な評価である。
しかし、毛利ー吉川ー小早川は、自分たちが裏切ったら、家康は、裏切った人間を絶対に許さない事がわからないのだろうか?それは、加藤清正や福島正則のように、石田三成憎し、家康に味方して、最後は、家康に潰されるというパターンと同じである。豊臣恩顧の大名は、明らかに、先見の明がなく、家康にいい様に使われたと言えるだろう。
さて、本書に戻ると、宇喜多秀家は、相続し、豊臣政権に入り、しっかりと、キャリアを伸ばしていたが、宇喜多騒動というお家騒動に巻き込まれてしまう。それを乗り越えて、関ヶ原の戦いに、しっかりと、軍勢を整えて、1万7000人の勢力を投入できたことは、素晴らしいが、負けて、残念であり、島流しの刑にあう。
個人的な感想を言えば、もっと、宇喜多秀家の研究をもっと、進めるべきである。敗軍の将なので、歴史資料が少ないのはわかるが、どのような人柄だったのかや、どのような政治体制を目指していたのかなど、もっと、読者が知りたい事は多い。
また、ドラマチックな事が事が少ないので、とても残念である。
私は、関ヶ原の前の戦いで、西軍が勝った杭瀬川の戦いで、宇喜多が参加していれば、西軍は、勝ったと思う。