最後に編集されたのは 管理者
25.11.2020 | 歴史

へうげもの(3) (モーニングコミックス)

  • 44 読みたい
  • 78 現在読んでいるもの

発行元 山田芳裕 .

    Download へうげもの(3) (モーニングコミックス) 本 Epub や Pdf 無料, へうげもの(3) (モーニングコミックス), オンラインで書籍をダウンロードする へうげもの(3) (モーニングコミックス) 無料で, 本の無料読書 へうげもの(3) (モーニングコミックス)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 へうげもの(3) (モーニングコミックス) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  山田芳裕
    • レーベル:  モーニング
    • シリーズ名:  へうげもの
    • 発売日:  2012年07月15日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000000507
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    WABBY 明智。主君斃れてなお、物欲にSOULをたぎらせる男。それが主人公・古田左介だ!! 群雄割拠、下剋上の戦国時代。立身出世を目指しながら、茶の湯と物欲に魂を奪われた男がいた。織田信長の家臣・古田左介。天才・信長から壮大な世界性を、茶聖・千宗易(利休)から深遠な精神性を学び、「へうげもの」への道をひた走る。生か死か。武か数奇か。それが問題だ!!

あなたも好きかもしれません

へうげもの(3) (モーニング) by 山田芳裕 ダウンロード PDF EPUB F2

歴史好きなので興味がありました。美術品を愛する主人公目線での進行が新鮮でおもしろい。完璧ではない主人公が人間らしくて好感もてます。
一応、織田信長というビッグネームの家臣であったものの、果たして歴史好きを公認される方の中でもこの書で扱われている古田織部という人物を読み始めから知っておられた方というのはどれほどいらっしゃったのか甚だ疑問。 ただ、古田織部の茶器に対する欲深さが尋常でなく人間臭くって、その辺りはかなりの読み手に親近感を沸かせ、この作品に没頭させたのかと邪推させるほどよくできた作品かと思います。
茶器という、かなりマイナーな知識や当時の文化背景などを掘り下げるのには助けになりますが、これだけ地味な題材で、25巻まで続いたのは上記の理由が大きな要因ではないでしょうか???
以前、なんでも鑑定団辺りはそれなりの視聴率がコンスタントにとれている事からも、骨董品好きは特に初刊から傾倒してしまう作品の様な気もしますwww
無料お試し版で楽しく読ませてもらいました。