最後に編集されたのは 管理者
19.11.2020 | 歴史

韓国人から見た北朝鮮 独裁国家のルーツ (PHP新書)

  • 96 読みたい
  • 15 現在読んでいるもの

発行元 渡部昇一 .

    Download 韓国人から見た北朝鮮 独裁国家のルーツ (PHP新書) 本 Epub や Pdf 無料, 韓国人から見た北朝鮮 独裁国家のルーツ (PHP新書), オンラインで書籍をダウンロードする 韓国人から見た北朝鮮 独裁国家のルーツ (PHP新書) 無料で, 本の無料読書 韓国人から見た北朝鮮 独裁国家のルーツ (PHP新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 韓国人から見た北朝鮮 独裁国家のルーツ (PHP新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  呉善花
    • レーベル:  PHP新書
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000000468
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    北朝鮮のルーツは李朝の恐怖政治にあった。さらに、チュチェ思想は儒教の社会主義版であるーー。韓国人にとって、北朝鮮の思想や行動は決して不可解ではない、と著者はいう。同じ民族ゆえに共有できる文化と資質があるからだ。本書では、歴史や文化的背景をふまえ、日本の常識からは見えてこない朝鮮民族のメンタリティに迫る。たとえば、「朝鮮のない地球はない」という自民族優越主義。「罪は親子孫三代にまでおよぶ」倫理観。「一糸乱れぬマスゲーム」を好む美意識。「喜び組」の背景にある美人病。さらに小中華思想、事大主義、侮日観、ハングル中心主義、父系血縁主義、身分制……。程度の差こそあれ、すべて韓国にも通じる世界である。すなわち、韓国人は北朝鮮を恐れていないのだ。本書を読めば、なぜ太陽政策が韓国で支持されるのか、なぜ拉致問題に対して日本人ほど怒らないのか、がよくわかる。北朝鮮をめぐる日韓の意識のズレを明快に解いた好著である。

あなたも好きかもしれません

韓国人から見た北朝鮮 独裁国家のルーツ (PHP新書) by 渡部昇一 ダウンロード PDF EPUB F2