最後に編集されたのは 管理者
10.02.2021 | 歴史

エモ怖 (竹書房怪談文庫)

  • 48 読みたい
  • 98 現在読んでいるもの

発行元 郷内心瞳 .

    Download エモ怖 (竹書房怪談文庫) 本 Epub や Pdf 無料, エモ怖 (竹書房怪談文庫), オンラインで書籍をダウンロードする エモ怖 (竹書房怪談文庫) 無料で, 本の無料読書 エモ怖 (竹書房怪談文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 エモ怖 (竹書房怪談文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  松村進吉, 丸山政也, 鳴崎朝寝
    • レーベル:  竹書房怪談文庫
    • シリーズ名:  エモ怖
    • 発売日:  2020年11月27日
    • 出版社:  竹書房
    • 商品番号:  4910000129499
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    内容紹介

    「言い知れない切なさ」

    「甘さのにじむ寂しさ」

    「後悔の残るしあわせ」

    「幸福なあきらめ」


    一筋縄ではゆかない感情があふれ出す、忘れがたい「記憶」という名の実話怪談。

    生と死の交わる繊細な世界観の装画は、YOASOBI「夜に駆ける」のMVを手掛ける藍にいな。

    心に残る1話がきっと見つかる、ぜんぶ実話のエモ怖い話。


    確かに幽霊の話、怪奇現象の話なのだけれども、彼・彼女の中では怖いとは別の感情で記憶されている体験。

    言葉にならない何かが静かにあふれ出すメロウな実話怪談集。

    ・人身事故でできた待ち時間、偶然昔好きだったバンドマンに再会した彼女は想い出話に花を咲かせるが、なぜか彼の言葉の一部が聞き取れなくて…「憧れの延長線上」

    ・家出した時に籠る公園の土管。内壁に書かれた〈しょうぼうしになりたい〉という落書きが見るたびに変化して…「土管」

    ・密かに想いを寄せる文芸部の同級生。彼女には彼氏がいたが心霊スポットに行ってから異変が…「さよなら近藤」

    他、心揺さぶる41の実話。

あなたも好きかもしれません

エモ怖 (竹書房怪談文庫) by 郷内心瞳 ダウンロード PDF EPUB F2