最後に編集されたのは 管理者
22.11.2020 | 歴史

100年かけてやる仕事――中世ラテン語の辞書を編む

  • 83 読みたい
  • 84 現在読んでいるもの

発行元 小倉博行 .

    Download 100年かけてやる仕事――中世ラテン語の辞書を編む 本 Epub や Pdf 無料, 100年かけてやる仕事――中世ラテン語の辞書を編む, オンラインで書籍をダウンロードする 100年かけてやる仕事――中世ラテン語の辞書を編む 無料で, 本の無料読書 100年かけてやる仕事――中世ラテン語の辞書を編むオンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 100年かけてやる仕事――中世ラテン語の辞書を編む 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小倉孝保
    • 発売日:  2019年03月15日
    • 出版社:  プレジデント社
    • 商品番号:  4770023150000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    【内容紹介】

    英国と日本、言葉を継いでいく人びとの「時を超える」働き方

    生きているうちに完成をみない仕事にやりがいを感じることができますか?


    2013年、イギリスである書物が100年以上の年月をかけて完成した。『中世ラテン語辞書』である。

    話し言葉としては既に死んでいる言語の辞書をつくったところでさほどの需要も見込めず、絶対にもうけにはならない。

    誰がそんな活動に資金を提供したのか?「言葉集め」をしたボランティアたちにはどんな動機があったのか?

    使うあてもなく、完成するかもわからない書物に時間と精力を注ぎ込んだ人たちの営みから、人間の「働く意味」を追ったノンフィクション。


    【目次抜粋】

    第I章 羊皮紙のインク

    第II章 暗号解読器の部品

    第III章 コスト削減圧力との戦い

    第IV章 ラテン語の重要性

    第V章 時代的背景

    第VI章 学士院の威信をかけて

    第VII章 偉人、奇人、狂人

    第VIII章 ケルト文献プロジェクト

    第IX章 日本社会と辞書

    第X章 辞書の完成

あなたも好きかもしれません

100年かけてやる仕事 中世ラテン語の辞書を編む by 小倉博行 ダウンロード PDF EPUB F2