最後に編集されたのは 管理者
26.11.2020 | 歴史

山県昌景 武田軍団最強の「赤備え」を率いた猛将 (PHP文庫)

  • 28 読みたい
  • 27 現在読んでいるもの

発行元 小川由秋 .

    Download 山県昌景 武田軍団最強の「赤備え」を率いた猛将 (PHP文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 山県昌景 武田軍団最強の「赤備え」を率いた猛将 (PHP文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 山県昌景 武田軍団最強の「赤備え」を率いた猛将 (PHP文庫) 無料で, 本の無料読書 山県昌景 武田軍団最強の「赤備え」を率いた猛将 (PHP文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 山県昌景 武田軍団最強の「赤備え」を率いた猛将 (PHP文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  小川由秋
    • レーベル:  PHP文庫
    • 発売日:  2015年06月05日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000005074
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    戦国最強を誇った「赤備え」の騎馬軍団を率いて、常に武田信玄の先陣を任された山県昌景ーー。若年より晴信(のちの信玄)の近習として仕え、20歳の時には晴信直属の旗本隊創設に加わり、いきなり足軽150人の隊長に大抜擢された。その後も武勲を重ね「源四郎(昌景)の赴くところ敵なし」とまで謳われる。信玄の子・義信の謀反未遂に、父のような存在だった兄・虎昌が連座し切腹させられると、昌景は涙ながらに兄が率いた「赤備え」の部隊を引き継ぐこととなる。その後の昌景は、「風林火山」の旗印とともに武田の先鋒隊長として戦場を疾駆。“赤い大津波”の如き騎馬軍団の破壊力は、三方ヶ原の戦いで徳川軍を呑み込み、「さても恐ろしきは山県」と家康を畏怖させた。しかし信玄に重用された反面、息子の勝頼には疎んじられ不遇な晩年を迎える。長篠・設楽原合戦では己の誇りをかけて挑み、壮烈な最期を遂げた猛将の生涯を描く。 【PHP研究所】

あなたも好きかもしれません

山県昌景 武田軍団最強の「赤備え」を率いた猛将 (PHP文庫) by 小川由秋 ダウンロード PDF EPUB F2