最後に編集されたのは 管理者
19.12.2020 | 歴史

経済学の思考法 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社学術文庫)

  • 19 読みたい
  • 86 現在読んでいるもの

発行元 ジョン・メイナード・ケインズ .

    Download 経済学の思考法 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 経済学の思考法 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 経済学の思考法 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 経済学の思考法 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 経済学の思考法 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  佐伯啓思
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  経済学の思考法 稀少性の経済から過剰性の経済へ
    • 発売日:  2020年11月12日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000125864
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    格差拡大、雇用不安、デフレ、グローバリズムの停滞……。「構造改革」以降、実感なき好景気と乱高下する日本経済。過剰な貨幣発行がもたらす問題、「複雑な“経済現象”」と「理論重視の“経済学”」の乖離など、現代資本主義が直面する困難を徹底的に検証。

    アダム・スミスから金融理論、リーマンショックからアベノミクスまで、経済学の限界と誤謬を提示する。


    内容抜粋

    「経済学」がひとつの思想でありイデオロギーであるとすれば、今日の支配的な経済学の考え方とは異なった「経済」についての見方はできないか。「稀少な資源の配分をめぐる科学」というような経済学の典型的な思考方法ではない、別の思考様式はないのか、ということだ。ーーー学術文庫版「はじめに」より


    目次

    学術文庫版「はじめに」

    第1章 失われた二〇年ーー構造改革はなぜ失敗したのか

       学術文庫付論

    第2章 グローバル資本主義の危機ーーリーマン・ショックからEU危機へ

       学術文庫付論

    第3章 変容する資本主義ーーリスクを管理できない金融経済

    第4章 「経済学」の犯罪ーーグローバル危機をもたらした市場中心主義

    第5章 アダム・スミスを再考するーー市場主義の源流にあるもの

    第6章 「国力」をめぐる経済学の争いーー金融グローバリズムをめぐって

    第7章 ケインズ経済学の真の意味ーー「貨幣」の経済学へ向けて

    第8章 「貨幣」という過剰なるものーー「稀少性」の経済から「過剰性」の経済へ

    第9章 「脱成長主義」へ向けてーー現代文明の転換の試み

    あとがきーーひとつの回想

    学術文庫版あとがき


    2012年刊行、講談社現代新書『経済学の犯罪』を改題、

    大幅加筆修正したものです

あなたも好きかもしれません

経済学の思考法 稀少性の経済から過剰性の経済へ (講談社学術文庫) by ジョン・メイナード・ケインズ ダウンロード PDF EPUB F2