最後に編集されたのは 管理者
02.01.2021 | 歴史

リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅

  • 50 読みたい
  • 56 現在読んでいるもの

発行元 蔵前仁一 .

    Download リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅 本 Epub や Pdf 無料, リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅, オンラインで書籍をダウンロードする リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅 無料で, 本の無料読書 リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  吉田正仁
    • レーベル:  幻冬舎文庫
    • 発売日:  2014年07月11日
    • 出版社:  幻冬舎
    • 商品番号:  4380000401906
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    ダメな自分と決別すべく、愛車(リヤカー!)とともに旅に出た。ブルガリアで凍傷による指切断の危機に直面し、東ティモールでは警官からケツバットを食らい、カナダでは熊と一戦交え......波瀾万丈の、遅々として終わりなき旅。「遅ければ遅いほどいい」とリヤカーを引いて歩き続けることにこだわった著者が見た、時速5キロの旅の絶景。

あなたも好きかもしれません

リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅 (幻冬舎文庫) by 蔵前仁一 ダウンロード PDF EPUB F2

ブログの内容とは少し違っているようです。編集者の手が入ったのか、しっかりした読みやすい文体で、とてもおもしろく読めました。吉田さんのいい意味で普通の感覚、正直なところに好感が持てたし、共感することもできました。写真がもっと多ければ更によかったと思います。