最後に編集されたのは 管理者
24.11.2020 | 歴史

その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書)

  • 75 読みたい
  • 27 現在読んでいるもの

発行元 小谷 寿美子 .

    Download その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書) 本 Epub や Pdf 無料, その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書), オンラインで書籍をダウンロードする その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書) 無料で, 本の無料読書 その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  宇多川 久美子
    • レーベル:  SB新書
    • 発売日:  2016年04月05日
    • 出版社:  SBクリエイティブ
    • 商品番号:  4524797384130
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「早めの処方」が依存をつくる!

    薬の危険から「大切な家族」を守る、必読の書


    「薬をやめるとどうなる!?」

    「早めの処方が効くって、本当??」

    薬の常識の9割は、ウソ。

    薬剤師が教える「本当の薬の常識」とはーー。


    「効いたよね、早めの○○♪」

    薬の「常識」は製薬会社のCMによって、刷りこまれていることが多い。

    それを鵜呑みにしたばかりに「よかれ」と思って飲んだ薬で、逆に体をこわし健康を遠ざけてしまう。

    本書は、「薬を使わない薬剤師」として、「薬」の真実にきりこんできた著者が、

    これまで正しいとされてきた「薬の常識」を疑い、その「思いこみ」を正す企画。


    ・早めに飲むと抵抗力を落とし、命の危険も

    ・「食後・食前」には意味がない

    ・健康診断が病気をつくる

    ・胃腸薬はウィルスを増殖させる

    ・うつ病の薬の副作用は、自殺願望


    市販薬、処方箋、サプリメントの副作用など、

    病気を抱える人だけでなく、小さな子どもや高齢者を持つ家族にも必読の1冊。


    一家に一冊置いて、いつも参照したい、現代の家庭の医学である。

あなたも好きかもしれません

その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書) by 小谷 寿美子 ダウンロード PDF EPUB F2

「その「1錠」が脳をダメにする」
薬剤師が教える 薬の害がわかる本【電子書籍・】[ 宇多川 久美子 ]

薬剤師・栄養学博士・明治薬科大卒・総合病院にて薬剤師として勤務。
「薬で病気は治らない」現実に目覚め病院を辞め、自らも薬をやめ健康になった経験から「薬剤師は薬を飲まない」で10万部を突破したそうです。

この様な本が最近多く出ているのですね~。
「薬の常識の9割は、ウソ」だそうだ。
これまで正しいとされてきた「薬の常識」を疑い、その「思いこみ」を正す企画。
市販薬、処方箋、サプリメントの副作用など。

個人的にちょっと気になった事。
・薬で原因不明の体の不調に悩まされる
・風邪薬は免疫の邪魔をする
・日本人ほど薬に対する警戒心が薄い民族はいない
・降圧剤は脳梗塞をおこしやすくなり、認知症になりやすい
・インスリンは血管に負担をかける
・インフルエンザワクチンは「ギャンブル性の高い予防注射」
・ジェネリックは中国と韓国から の輸入が5割を占める

私も薬で何度も副作用が出て中止した経験あり。
やはり薬はお気軽に飲んではダメですね。
気軽に飲んでは駄目なことをみんなに
知ってほしいです。
楽天ブックスのHPでこの本の紹介内容を読んだだけでも
為になりますよ。