最後に編集されたのは 管理者
06.01.2021 | 歴史

あきらめない力

  • 30 読みたい
  • 9 現在読んでいるもの

発行元 市川衛 .

    Download あきらめない力 本 Epub や Pdf 無料, あきらめない力, オンラインで書籍をダウンロードする あきらめない力 無料で, 本の無料読書 あきらめない力オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 あきらめない力 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  酒向正春
    • 発売日:  2014年02月23日
    • 出版社:  主婦と生活社
    • 商品番号:  9784391144444
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    NHK『プロフェッショナル仕事の流儀/希望のリハビリ、ともに闘い抜く」にも登場した“攻める”脳リハビリ医、酒向正春先生初の著書。中学時代にはいじめに悩み、交通事故で瀕死の重傷を負ったこともあったが、これをきっかけに医師を目指し、「人の命を救うこと」を生涯の道と決めた著者。しかし自ら選んだ脳外科医として栄光のキャリアを捨て、著者は苦悩と葛藤の末にリハビリ医への転身を決意する……。脳画像から小さな可能性も見落とさず、決してあきらめず、患者に寄り添い続けたからこそ生み出された、真の「人間回復」に挑む迫真のドキュメント。「あきらめない」ことこそが人生を切り開く原動力であることを教えてくれます。主婦と生活社刊。

あなたも好きかもしれません

あきらめない力 “攻める”脳リハビリ医が挑む希望の人間回復 by 市川衛 ダウンロード PDF EPUB F2

他院で見放された高齢者、重症例や高次機能障害例など、具体的にリハビリテーション病院医とってやっかいな症例を提示されています。私も、脳卒中地域連携パスを作るにあたり、リハビリテーション病院にご理解いただいた部分が重症例のリハビリテーション。軽症例は1ヶ月程度でプラトー。重症例が社会復帰することは奇跡だが、ゆっくりゆっくり回復していく。しかし、リハビリテーション病院の入院期間は制限があるし、東日本はリハビリテーションの資源にも限りがある。重症例が直接療養型施設に入所という話は日常茶飯事。重症例でもリハビリテーションの機会を奪ってはならない。
とは言っても、ホントの重症例は回復は厳しい。酒向先生の示した、画像診断による「トリアージ」は支持しますし、もっと研究を進めるべき分野です。この本を読んだ患者家族が世田谷記念病院に押し寄せてくるのではないかと思いますが、酒向先生はお引き受けすべき患者を見逃さないことでしょう。できれば私たち一般医でも可能な術をご指導・開発いただきたいです。これこそが、日本の脳卒中の診療レベルをあげることになる。
問題は財政です。現行の医療保険や介護保険の制度ではリハビリテーションに制限があります。本の最後に記載された、健康医療福祉都市構想は、この問題を解決できるでしょうか、期待したいです。資金を集めるのか、効率化により支出を減らすのか...